投資の中でもリスクが少ない!?太陽光発電ファンドの仕組み

太陽光発電ファンドは全量買取り制度が適応

太陽光発電ファンドは投資の中でもリスクが少なく、比較的安定した分配金を受け取ることが出来ると言われています。ファンドは仕組みの事を意味しているのですが、出資してくれる人を募集して、出資金を利用して事業を行い、事業で得た利益を出資金の割合で分配することをファンドと言います。太陽光発電ファンドの場合は太陽光という再生可能エネルギーを利用しているため、出資を行う事で発電量に応じた利益を得ることが出来るようになると言う事ですね。

一戸建て住宅では全量買取りは対象外

自宅の家の屋根にソーラーパネルを設置しても太陽光発電が出来る時代です。しかし、一戸建て住宅の屋根に設置したソーラーパネルでの発電は余剰電力の買取りは可能になるものの、全量買取りの対象外となります。住居内で利用する電気は電力会社からの送電を利用し、発電した電気は全て売りたいと言う事が出来ないわけです。太陽光発電ファンドは出資者を募集する会社が太陽光発電に最適な場所を見つけ出し募集を行っているため、自宅の屋根での発電ではありませんが、全量買取りの対象になるため投資にも最適なのです。

リスクには自然災害などがあります

太陽光発電ファンドはリスクが少ないと言われていますが、リスクはゼロではありません。但し、このリスクは台風や震災などによる自然災害であり、保険に加入している会社の商品を利用する事で安心して投資を行うことが出来るようになります。また、太陽光発電システムは一度設置すれば永遠に利用することが出来るわけではなくメンテナンスが必要不可欠です。自宅に設置した場合のメンテナンスは自分が行う必要がありますが、太陽光発電ファンドの場合はメンテナンス費用などが差し引かれた状態で分配金が支払われるので安心です。

太陽光発電の発電量は、気象条件に大きく左右されることがあるため、ソーラーパネルの選び方にこだわることが重要です。