何ともないと思っても行こう!婦人科検診はこわくない

何ともないうちに行きましょう

よく、芸能人などの病気の話題で「体調は悪かったけど忙しくて検診に行かなかった」などというのを聞きます。基本的に検診とは、具合が悪いと感じる前に受けるものです。異常がなければ、一年後にもしがんができていたとしても、一年分進んだだけで済みます。しかし「具合が悪いけど検診に行かなかった」で三年経てば、三年分がんが進んだことになってしまいます。どの病気もそうですが、特にがんは早期発見早期治療がいちばんです。

自治体の婦人科検診を利用

わざわざ婦人科を予約して行くのが面倒、というなら、自治体で行なっている検診を受けてみましょう。特定の年齢ならクーポンでただになったり、ワンコインほどで受けられます。これはかなり安くてお得です。何千円も払うのがいやで検診に行かない、という人は、上手に自治体の検診を使うといいでしょう。特定の年齢の女性にお知らせが届くようになっているので、受け忘れもありません。めんどうだなどと考えず、お知らせが来たら行く、と気軽に捉えましょう。

何ともなかった後の爽快感

「何も自覚症状はないし、大丈夫だろう」と思いながら検診を受けても、やはりどこかで不安はあるものです。そのため後日「異状なし」という通知をもらったときの爽快感は格別なものです。自分の体をしっかり管理、把握しているというのは気持ちがよいですし、不安もありません。不安に思う時間が無駄なので、気軽に自治体などの検診を受けて爽快感を味わいましょう。はじめてだと不安かもしれませんが、検診自体もそれほど苦痛なものではありません。

巣鴨の婦人科の治療法を賢く選ぶために、腕利きの医師が揃っているクリニックの成功事例に目を向けることが良いでしょう。