これで長持ち!LED照明のメンテナンス術

汚れたLED照明は定期的に掃除が必要

LED照明は長寿命であるものの、きちんとメンテナンスを行わなければ本来の長持ちする利点を活かすことができません。長く照明装置を使っていると、汚れが次第に蓄積します。汚れたLED照明は、定期的に綺麗にするメンテナンスが欠かせません。埃などがLED照明に積もっていると、照明装置からの放熱の妨げになります。そうなると内部に熱がこもってしまい寿命が短くなったり故障の原因となるため、メンテナンスの心掛けが大切です。

固定したLED照明の緩み具合をチェック

LED照明装置を取り付ける際には、金具に確実に固定する必要があります。そこで照明装置の交換時には取付の固定状態を確認すると共に、定期的に固定が緩んでいないかどうか確かめた方がいいですね。もし取付状態が悪く緩みがあると、振動により器具の故障の原因をもたらしたり、場合によってはLED照明が設置場所から落下する危険性も考えられるでしょう。年月と共に緩みが生じる可能性もあるため、念のため点検すると安心です。

LED照明回りの電気設備もメンテナンスが大切

使用しているLED照明に明かりに異常が感じられたなら、万が一を考え点検した方が無難です。原因はLED照明の故障だけでなく、電気配線の不具合などのケースも考えられます。適切にLED照明へ電力が供給できていないと、故障や火災の原因にもなりかねません。そこでLED照明の点検メンテナンスに加えて、電気設備もチェックすると安心できますね。もし電気設備の故障が気になるなら、電気工事の資格を持つ技術者に点検してもらうと確実でしょう。

LEDライトパネルは、様々な工業製品に応用されることがあり、機能性や耐久性などが高く評価されています。