トラウマになりそう!?包茎治療が必要な状態とは

タイトな下着やボトムが着られない・・

真性包茎ともなると、ちょっとしたショックにより包皮が剥け痛みを引き起こしてしまいがち。中にはその瞬間相当なショックを感じてしまう様で、トラウマになってしまう人もいるのです。特にタイトな下着やボトムを着ている時にこれが起こり易く、服との間に余裕が無い為直すのも大変、1日中その痛みやショックを引きずる結果となってしまうのです。こうなるとせっかくのプライベートも台無し。趣味にも集中出来ない等、多くのデメリットを抱える事となってしまいます。

彼女が出来て付き合い始めると・・

真性包茎で一番困るのはやはり、異性との付き合いでは無いでしょうか。運良く彼女が出来付き合い始めたとしても、常に股間に注意が行ってしまっていてはデートもコミュニケーションも楽しいものではなくなってしまいますよね。まだ表面的な付き合いであれば特に問題は無いのでしょうが、仲が深まり、性的交渉も考え始めると更に状況は深刻。もちろんこの状態ではろくにセックスも楽しめない上、彼女にまで迷惑を掛けてしまうでしょう。やはり彼女が出来たら覚悟を決め、早めに治すのが一番ですよね。

裸になれば不快な臭いも気になって・・

裸になるのは何も彼女とのお楽しみだけではありませんよね。もちろん入浴を始め日々の身体のメンテナンスもありますし、仕事で疲れを感じたらプライベートで温泉にも出掛けたくなる筈。こうなると真性包茎でいる事のデメリットが出てきてしまいます。裸になっても痛みで包皮の内側も満足に洗えず、不潔な状態で動き回る事を余儀なくされてしまいます。もちろん清潔に出来ない事で不快な臭いも発生し、気になるケースも。これを入浴施設で他人に気付かれてしまっては恥ずかしいどころではありませんよね。

包茎は性交渉時に女性を満足させることができません。現在では簡単な手術で治療することができるので、早めの治療をお勧めします。